疲れがとれない・疲れやすい40代女性が試した対策

「疲れやすい」「疲れがとれない」に悩まされた44歳。いろいろ試してみた対策をご紹介します。

40代の疲れの原因とは

「40代女性」疲れがとれない7つの理由はこれ!

2016/11/16

lotus-1205631_640

 

私も含めてですが、女性が40代に突入すると、

「疲れやすくなった」
「疲れがなかなか抜けなくなった」
「朝からだるい」

といったことを聞くことがあります。

若いころなら、早く寝てしっかり睡眠をとれば「翌朝には回復」なんて技が可能でしたよね。
でも、40代の「疲れ」は少々ややこしく、さまざまな要素が重なって「疲れ」になっている可能性があります。

そのため、あなた自身の「疲れの原因」を見極める必要があります。
あなたの「疲れ」は以下のどれに当てはまるでしょうか?
40代は原因が「1つ」だけではなく「2~3つ」あってもおかしくありません。

 

40代女性が疲れやすい8つの理由

 

1. エストロゲンが減少している

40代になると多くの女性が経験する「更年期」。
もしかすると、あなたの「疲れ」は更年期障害からきているかもしれません。

更年期には「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌量が減ってきます。
エストロゲンは、妊娠・出産するときには不可欠であり、なおかつ自律神経の働きを整えてくれる作用があります。

さらに、肌や髪を若く保ってくれたり、代謝をキープしてくれたりといった作用もあるので、女性にはかなり大切なホルモンなのです。
そんなホルモンが減少すると、私たちの体も「あれっ?!量が少ないぞ!」と反応します。
そして足りない量をどこかから補おうとするため、体の調子が不安定になったような感覚があるのです。

 

2. 体力の低下

40代は毎日が忙しいことが多いです。
仕事、家事、育児、つき合いと、毎日手いっぱいというのは珍しくありません。

疲れてしまってぐったりする時こそ、軽く運動をするのがお勧めです。
運動といってもスクワットやバーピージャンプのような激しいものだと逆に疲れが増しますので、気軽にできる軽い運動で十分です。
散歩、ラジオ体操、ヨガ、寝る前のストレッチ、スロージョギングなどがおすすめです。

逆に、運動をし過ぎて「疲れ」がたまっていることはありませんか?
「運動をしなければいけない」と考えすぎて体を酷使してしまうのも逆効果です。

 

3. ストレスが溜まっている

ストレスを抱えている、つまり、心に負担がのしかかると体にもその負担が表れることはめずらしくありません。

自分ではストレスがあるとは気づいていないかもしれませんが、
例えば、

  • なかなか眠れない
  • 夜中に目が覚めることがある
  • イライラする
  • 訳もなく不安になることがある
  • 気分がどんよりすることがある

といったことが当てはまるなら、ストレスがある可能性があります。
ストレスの場合は、よく言われていますが、その原因を取り除く努力が必要です。

 

4. 栄養不足

「今の時代に『栄養不足』?!」

と思うかもしれませんね。
あなたがもし、ダイエットをしているとしたら、カロリーの低い食品を選んで食べたり、食事制限をしているのではないでしょうか?

カロリーの低い食事はたしかに痩せやすいかもしれませんが、体に十分な栄養が不足してしまう可能性もあります。

そのため、パワーがでなかったり、脂肪と一緒に筋肉まで減ってしまったりすると、いままでと同じ作業をしても「疲れ」を感じることになります。

 

5. 睡眠不足

40代になって徹夜をしたことがありますか?
私はもう無理です。
30代の頃ならまだ平気でしたが、最近では睡眠不足だと心臓がどきどきします。

あなたの疲れの原因が「睡眠不足」だと感じるなら、さっそく今晩から早めに寝るようにしてみてください。
人間は22:00~2:00ぐらいに睡眠していると、「成長ホルモン」が活発に分泌される、ということは常識です。

40代なので、もう「成長」はしませんよね?

でも、40代でもその「成長ホルモン」は必要です。
なぜなら、傷ついた細胞や筋肉の修復などに使われるからです。

どんなサプリメントよりも、どんな美容液よりも、自分の体から分泌される成長ホルモンは「オーダーメイド」のホルモンです。

 

6. 筋肉量が低下している

筋肉量は、加齢とともに減少する傾向があります。
さらに、運動不足だったり、食事制限をして栄養不足が原因だったりしても筋肉量は減ります。

筋肉量が減ると、体がはつらつと動かなくなるものです。
そのため、筋肉を作るための良質なたんぱく質を積極的にとったり、筋肉を増やすためのトレーニングをすることがおすすめです。

7. 自律神経が乱れている

40代のライフスタイルは、肉体的にも精神的にも負担が多いことがあるせいで、自律神経が乱れたりします。

自律神経の乱れは、体の不調を引き起こします。

動悸がしたり、めまいがしたり、手足がしびれたり・・・と症状はさまざまですが、いずれも生活に支障をきたす可能性がありますし、疲れに繋がるのは簡単に想像できますよね。

 

おわりに

若いころなら、疲れの原因もすぐにつきとめることができましたが、40代になると複合的になることがあります。
そのため、解決法もいくつかのアプローチを試みるのがおすすめです。

あなたの疲れの原因はなんだか思い当たりましたか?

-40代の疲れの原因とは