疲れがとれない・疲れやすい40代女性が試した対策

「疲れやすい」「疲れがとれない」に悩まされた44歳。いろいろ試してみた対策をご紹介します。

40代の疲れの原因とは

疲れやすいのは栄養不足かも?こんな食事改善を

tee-1756497_640

 
40代が「疲れやすい」と感じるのは、栄養不足が原因かもしれません。

この時勢に「栄養不足なんて」笑うかもしれないけれど、自分の食べたものをしばらく記録してみるとその全貌が分かってくることがあります。
健康的志向のつもりで食事を用意してきた私も、食事の記録をつけてみて愕然としたことがあります。

 

疲れやすいなら食事を改善してみるといいかも

体のラインが崩れてきたリ、お腹が出てきたリといったことが起こるので、ダイエットをするという40代は多いです。

また、前よりも量が食べられなくなったため食事の量を減らしたり、食事を抜いてしまったり、朝は食べる気がしないから菓子パンを適当に・・・ということも珍しくありません。

そして、甘いスイーツは大好き、お酒も飲みたい・・・等等。

私は健康的な食材を使って食事の支度をするのがもともと好きだったのですが、それでもどういう訳か疲れ果ててしまった時期があったため、あらゆる面から生活を見直してみました。
その中には食事面も含まれていました。

健康的な食事をしても、食事の記録を毎日つけてみて始めて、自分が栄養をきちんと取っていないことが分かりました。

 

疲れを解消したいなら栄養をとり入れること

私が参考にしたのは、「太らない人は食べている
」という本です。
この書籍の方法を実行すると、一日に10品目を食べることになります。

その10品目とは、

  • 乳・乳製品
  • 豆・豆製品
  • 野菜
  • イモ類
  • 穀物
  • 海藻

です。
(詳しい実践方法は書籍をご覧になってくださいね。)

実際、この書籍通りに実行するのは、しばらくの間は難しいです。
8-9割できていれば合格としましたが、1か月もすればすっかり慣れてきます。

食品をとることができれば印をつけていくのですが、その日に食べられなかった食品がはっきりと分かります。
そのため「ああ、私ってきちんと食べていなかったんだ・・・」と思い知らされました。

慣れてくると、朝のうちに1日の献立をざっと決めることができます。
栄養素もとれるし、買い物も楽になりました。

その日のメニューに入りきらない食品は間食として食べたりしています。
常備菜も数種類用意しています。

この方法でのおまけは、「間食したい」と思わなくなったことです。
というより、間食をしている暇がないといった方が正しいかもしれません。

今では朝もパッと起きられるし、日中は疲れることなく作業ができます。
そして、夜は自然と眠くなるといういいサイクルで生活できてきます。
お酒も「百薬の長」として楽しんでいます。

 

これからの体を作るために選ぶ食品

私たちの体はこれまでに食べたものでできています。
それしかないと思います。
良質なたんぱく質を食べればそれだけいい筋肉ができますし、野菜をたくさんさべればビタミンがとれます。

「これさえ食べていれば大丈夫」ということはなく、さまざまな栄養素がからみ合って吸収されて、そして体に行き渡るのだと思います。
ジャンクフード、甘いお菓子、嗜好品でできた体なんて気持ち悪いですよね?

これからは自分の大切な体を作ってくれる良質の食品を積極的に選ぶのがポイントです。

-40代の疲れの原因とは